HARG療法について

病院で行われている薄毛治療の中で最高峰と呼ばれているHARG療法。
「HARG」(ハーグ)療法とは、Hair(毛髪) Re-generative(再生)therapy(治療)という言葉の頭文字をとった略で、文字通り、再生医療の技術を薄毛治療に応用した「毛髪再生医療」です。

「日本医療毛髪再生研究会」の会長を務める毛髪や薄毛治療の権威、福岡大太朗医学博士によって開発され、同研究会が認めた医療機関でのみ施術が可能な治療です。
安全で効果が高く、患者満足度の高い薄毛治療として広がっています。

HARG療法の強みとしては、以下の2点が挙げられます。

1.性別や年齢に関わらず高い実効性があること

HARG療法を施術した99%の患者様に毛髪の再生を確認しております。
(HARG治療センターにおける発毛率99%)
個人差はありますが、ほとんどの方で半年から1年ほどの間に発毛の効果が確認されています。早い場合には、1回の治療で発毛の効果が認められた例もあります。

従来の薄毛治療法の中には、副作用を伴うもの、アレルギーのあるもの、傷跡が残るものなどもあります。また、年齢や性別、体質や毛髪の状態によって、薄毛の治療には制限がありました。
HARG療法は、これらの問題を全てクリアし、さらに発毛率99%、育毛や脱毛の抑制までできるという、従来の薄毛治療を遥かに超える革命的な効果をもたらしました。

2.毛髪「再生」医療であること

HARG療法とは、ヒトが本来持っている、器官や臓器など人体のパーツに分化する「幹細胞」を使った治療法です。この幹細胞から毛髪に必要な成長因子を抽出して精製された薬液(HARGカクテル)を頭皮に注入することで、毛髪の休止期に入り活動を停止している部分から発毛させるというメカニズムです。

薄毛の部分は、細胞が死滅しているわけでは無いため、髪を生やす機能が失われているわけではないのです。HARG療法で、こうした休止期になっている部分に成長因子を注入する事により、毛母細胞を刺激して細胞の分裂を活性化し、さらに髪に必要な栄養を送り出す部分を刺激することで毛母細胞への栄養供給も活発にします。

その結果、コシやツヤのある元気な頭髪の再発毛が行なわれ、根元からしっかりと太い髪が増えることによって全体のボリュームアップができます。
また、定期的な注入により細胞を刺激し続ける事で毛髪の成長サイクルを正常に戻し、長期的に健康な頭髪を保つ事が可能です。

カツラや植毛などに比べ即効性はありませんが、時間をかける分、「自分の髪の毛が再び生える」「抜けない」という大きなメリットがある治療法です。

大阪でHARG療法を受けるには

現在、HARG療法を受けることが出来る病院は、全国に170院以上あります。
しかし、薄毛治療の中でも最高峰の治療というだけあって、薬剤の調整や治療頻度などを個人個人の症状によって判断が難しく、担当医師の能力に結果が左右されやすい治療です。

大阪エリアではHARG療法の認定医療機関が16施設あります。
薄毛治療の口コミバンクでは、HARG療法で薄毛治療を行っている注目のクリニック、大阪梅田中央クリニックを取材しました。

大阪でHARG療法 注目のクリニック